Doctor`s Fitness 研究所

お腹周りをスッキリさせる運動には超簡単なアレ!

コロナ関係はこちら Doctor's Fitness Studioへ

お腹周りを
スッキリさせるには
超簡単なアレ!

お腹周りをスッキリさせる運動には超簡単なアレ!

2023/09/03

この夏は暑さも厳しく、なかなか運動する気になれなかったという方も多いのではないでしょうか?

それでもやっぱり身体は変えたいですよね!

今回はリクエストの多いお腹周りの引き締めから

お話しさせていただきます。

 

実はこの方法…超簡単すぎるんです!

お腹痩せに腹筋運動よりも簡単なアレ!

引き締まったお腹になるために

「上体起こし」のような腹筋をイメージする方も

多いのではないでしょうか?

ですが、

「腹筋が弱くその上体起こしができない」

「腰が痛い」

「首が痛くなった」

という方も少なくありません…

そんな腹筋より、お腹周りを引き締めるために

もっと簡単な方法、

それは【呼吸】なんです!

 

なぜ腹筋運動よりも呼吸なの?

タイトルお腹周りでは ・腹横筋 ・腹斜筋(外、内) ・横隔膜 などの筋肉が呼吸に関わり、特に息を吐く時にお腹周りが動員されます。

このお腹まわりについている筋肉が「コルセット」の役割をしていて、

姿勢を支えたり、お腹を引き締めるために重要な役割となります。

ですが近年、座り時間の増加、ストレスの増加が深刻化し、さらにはマスク生活によって呼吸が浅くなってしまい、筋肉がうまく動員されず、

コルセットもサボって緩んでいる状態です。

 

お腹を使った深い呼吸に切り替えることで、自前のコルセットを

もう一度使えるようにしてあげましょう。

さらにさらに、深い呼吸のメリット

お腹を使った深い呼吸ができるようになり、

コルセット筋の働きが取り戻されると、お腹が引き締まるだけでなく

・姿勢改善

・腰痛改善

・肋骨が閉じくびれができやすくなる

・自律神経が整う

・睡眠の質の向上

・ストレス軽減

などたくさんのメリットがあります。

 

次にお伝えする呼吸法でもう一度自前のコルセットを締め直していきましょう。

いざ実践!呼吸のエクササイズ

<基本の呼吸の練習>

❶四つ這いになり、背中を少し丸めます。

❷お腹を膨らませながら息を吸います。

❸お腹を萎ませながら息を吐き切ります。

 

どうですか?お腹は動かせていますか?

下腹部の方までしっかり動かせているとGOODです。

しっかりお腹が動いてきたらエクササイズに移ります。

2分でできる呼吸のエクササイズ

①4秒かけて息を吸う

②4秒息を止める

③4秒かけて息を全部吐き切る

④4秒息を止める

これを2分間繰り返します。

 

※ポイント①※「息を全部吐きる」

しっかり吐き切ることでたっぷり息を吸うことに繋がります。

頑張って吸おうとしなくても大丈夫です。

 

※ポイント②※「お腹を動かしながら行う」

お腹がしっかり動かせている&息を吐き切れていると

お腹の奥の方がギュッと締め付けられるような感覚があるかと思います。

 

座ったままでも実践できます♪

毎日たったの2分でできるエクササイズなのでぜひ取り入れてみてください!

運動以外にお腹の脂肪を落とす大切な方法

お腹の「脂肪を落とす」最短の方法、それは「食事管理」になります。

食事管理が本当に大変なこと、気持ちは本当によくわかります…

 

ですが、お腹の脂肪を落とすためには食事管理は必須になります。

例)100キロカロリー消費するには

(体重60キロの人の場合)

運動:散歩50分、ラジオ体操33分、ジョギング14分など

食事:メロンパンをおにぎりに変える

 

同じ100カロリーを削るだけでも労力がこんなにも違ってきます。

ますは食べ過ぎやジャンクフードからの脱却が必要です。

 

呼吸に合わせて少しずつチャレンジしてくださいね!

食事に関してお困りの方は当診療所の栄養士ブログもご覧ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。