Doctor`s Fitness 研究所

人に認められようとする前に、自分を認めよう

コロナ関係はこちら Doctor's Fitness STUDIOへ

大阪市東淀川区西淡路1丁目1-9 1F
[営業時間] 平日 9:00-13:00  17:00-19:00 / 土曜・日曜 9:00-13:00 /
[休診日] 祝日

人に認められようとする前に、自分を認めよう

人に認められようとする前に、自分を認めよう

2023/12/07

認められたいという思いの行方

人には誰しも承認欲求という欲があります。

これは、他者から認められたいという欲求のことで、例えば次のようなことが当てはまります。


 

・褒めて欲しい

・自分の話を聞いて受け入れて欲しい

・SNSなどで他者からの「いいね」が欲しい

・自分のことを分かって欲しい

・自分には価値があると言ってほしい
 


 

こうした欲求があることで、モチベーションが向上し、自身の活動にプラスに働くこともあるため、欲求を持つことが悪いことなわけではありません。
 

人が社会の中で生活するにあたり、人から認められ、自分も他者を認め、その循環の中から生まれる安心感は個々の個性を育み、人としての成長を手助けすることにも繋がります。


 

 

しかし、承認欲求が強すぎると、人から認められようと一生懸命になり、心身ともに疲労するため、自分を苦しめることがあります。
 

また、認められようと必死になると、自分のことに必死で、他者に不快な思いを抱かせてしまうこともあります。
 

その結果、対人関係に悪影響を及ぼし、逆に承認を得にくくなってしまうこともあるのです。

 


 

そのような状況に陥ってしまうと、人は欲に支配され、自分という存在そのものの価値を見失いやすくなります。
 

何かを出来ることや所有することで自分の価値が高まり、認められるようになると勘違いしてしまい、認められるための条件を満たすことに必死になるからです。


あなたにも、下記のような思いに駆られ、行動していることがないでしょうか?
 


 

・頑張らない私は認めてもらえない 

 ➡認められるために過剰に頑張ろうとする
 

 

・かわいそうでない私は認めてもらえない

 ➡不遇な状況に身を置き、かわいそうな私を必死にアピールする
 

 

・地位や肩書きがない私は認めてもらえない

 ➡地位や肩書きに固執する
 

 

・人が認めてくれないと自分には価値が無い

 ➡他者に依存する




 

誰しも、四六時中頑張れるわけではありません。
 

置かれる状況や肩書きの意味は変化していくものですし、自分に対し肯定的に受けとめてくれる他者ばかりと出会うわけではありませんよね。
 

承認欲求を満たすための条件を追い求めても、満たされ続けることはほとんどなく、底なし沼のような欲の中で藻掻くことになります。

 

もしもあなたが、この欲の沼にはまりそうになっているならば、承認欲求を求め続けた先に、自分が真に望むものは何もないことを知ることが大切になります。

本当に必要なのは自己承認

そもそも承認欲求が底なし沼と化すには、いくつかの要因が考えられます。
 

その要因の一つに、自分で自分の存在を認める「自己承認」が出来ていないことが挙げられます。
 

自分で自分の存在価値を認められないからこそ、その穴を埋めるために、他者から承認を与えてもらい満たそうとするということですね。
 



 

そうして与えてもらった承認はエネルギーとなりますが、人は常にエネルギーを必要とする生き物です。
 

特にストレスが高い状況では、大きなエネルギーを使うため、与えてもらったエネルギーも遅かれ早かれ使い果たしてしまいます。

 

エネルギー不足に陥った際、すぐにそれを満たしてくれる供給源を他者の承認に求めると危険だということはお話しましたが、この供給源はなにも他者である必要はありません。
 

自分という存在もまた、自分に大きなエネルギーを与えることが出来ます。
 

私達は個々人が自分を満たせるだけのエネルギーを本来持っているのです。


 

 

しかし、自分には価値が無いとか、人として何かが欠けているなどの様に、不足していると思うことによって、エネルギーは枯渇していきます。
 

だからこそ、不足感に固執するのではなく、今の自分を認めていくことで、自分にエネルギーをとり戻すことが大切になります。

 


 

そして、この自己承認を行う際に気を付けるべきことが1点あります。
 

それは、条件をつけないということです。
 

何かを頑張るから認めるのではなく、何かが出来たから認めるわけでもありません。
 

人として、一つの命や存在として、純粋に価値があるということを認めていきます。
 

あなたが仮に事故や病気や加齢で何も出来なくなったとしても、かけがえのない大切な存在であり続けることと同じです。


 

 

自己承認をすることは、あなた自身にしか出来ないことです。
 

自己承認なんてしたくないと感じる人は、「自分で自分を認めたくない」と抵抗するに至った過去の傷つき体験が眠っているのかもしれません。
 

一人で過去の傷と向き合うのが怖いと感じる方は、ぜひカウンセラーをご活用ください。

相談規模の方へ

当診療所では、公認心理師による30分の無料相談を行っております。
相談することは勇気がいりますが、話をすることで心が軽くなる事もあります。

ぜひ気軽な気持ちでお声をおかけ下さい。

★個人の方
心のつらさやモヤモヤを聞いて欲しい
仕事や対人関係、プライベートでの悩みの相談がしたい
そのような方は、こちらよりお申し込みください。  

★企業の方
ストレスチェックを実施したい
ストレスチェック後のメンタルヘルス面談をして欲しい
従業員のメンタル面のことを相談したい
管理監督者のための相談窓口が欲しい
そのような場合は、こちらよりお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。