Doctor`s Fitness 研究所

【糖質6】正しい糖質制限とはいかに?!

コロナ関係はこちら Doctor's Fitness STUDIOへ

大阪市東淀川区西淡路1丁目1-9 1F
[営業時間] 平日 9:00-13:00  17:00-19:00 / 土曜・日曜 9:00-13:00 /
[休診日] 祝日


【糖質6】正しい糖質制限とはいかに?!

2022/10/03

【1】糖質を多く含む食品


【穀類】一緒に食べるもの(例:ご飯のお供・ジャム・トッピング等)に注意しましょう。

【根菜】糖質は高めですが、ビタミンや食物繊維が豊富なため、適量をバランスよく食べましょう。

【豆類・種実・果物】大豆以外の豆類はでんぷん質が多く糖質が高めです。種実や果物は甘みの強いものほど糖質が高いです。

【肉・肉加工品】加工品は糖質が高めです。

【魚介・魚介加工品】つみれやかまぼこなどでんぷん質のつなぎを使っており、調味してあるものは糖質が高めです。


【調味料】テンメンジャン、コチュジャンも糖質が高めです。

【デザート】和菓子は全体的に糖質が高めですが、食物繊維が豊富です。洋菓子や市販の菓子は控えるのがベストです。

【ドリンク】コーラやサイダー、スポーツ飲料などの清涼飲料水などは高糖質です。

【2】低GI食品を知ろう


GI食品とは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標です。GI値が低い食品は血糖値の上昇を緩やかにします。

【3】糖質を上手に摂取しよう


最近「糖質○○%カット」「糖質オフ」という商品が良くスーパー等に並んでいるのを見かけませんか。これは日本人の食事において「糖質過多」の傾向にあることが背景にあります。
糖質のとりすぎは、肥満や糖尿病、生活習慣病、老化に繋がります。

しかし単純に糖質をカットしてしまうと、エネルギー不足に陥ります。「糖質制限」は筋肉を分解し、そこからエネルギーを補給するので、筋肉量が減少し、基礎代謝の低下を招きます。基礎代謝の低下は脂肪を燃焼させにくくするので、単純な糖質制限は悪循環を招きます。

 

正しい知識を取り入れ、健康な体をつくっていきましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。