Doctor`s Fitness 研究所

減塩するメリット考えたことある?

コロナワクチン接種予約はこちら Doctor's Fitness Studioへ


医師と管理栄養士が教える生活習慣の誤解~塩分編part1~

2021/07/01

減塩のメリット考えたことある?

1⃣

■減塩のメリット考えたことある?
■減塩した結果…!
■減塩とはいってもデメリットは?
■減塩とはいってもデメリットは?続編
■減塩はどうやってするの?
■できることを宣言してみよう
■減塩ノウハウを知ろう
■ご褒美を作ろう

私たちは行動科学で活用されている
トランスセオレディカルモデルに基づき、
皆さんの行動変容をアシストしていきます。

今回の投稿では、減塩について考えたことがない、
興味がないといった「無関心期」の人に
焦点を当てて書いていこうと思います。

さてタイトルにもある通り、


減塩のメリット考えたことある?

私たち診療所では、
以下のメリットにたどり着きました。

     【目次】
(1)血圧上昇を防ぐ
(2)食事内容が変わる
(3)浮腫み解消、夜間頻尿が減る
(4)合併症のリスク低減
(5)大阪府の取り組みに貢献する

(1)血圧上昇を防ぐ

・高血圧になりにくくなる
・1g/day減塩すると収縮期血圧が約1mmHg低下
・心拍数が上がりにくくなる

(2)食事内容が変わる

・将来的に減塩食を食べずに済む可能性がある
・過食が減る

(3)浮腫み解消、夜間頻尿が減る

・手足のむくみが減る
・夜間の排尿回数が減る

(4)合併症のリスク低減

・循環器疾患(動脈硬化、脳卒中、心臓病)なりにくい
・胃に負担をかけないため胃がんになりにくい
・骨粗鬆症になりにくい
・腎疾患(腎臓病、腎結石、透析)になりにくい

(5)大阪府の取り組みに貢献する

 2018年の大阪府の調査では、
 成人男性女性とも食塩摂取量は減少傾向にあり
 全国平均男性10.9g女性9.3gに対し、
 男性 10.3g 女性 8.5gと下回っています。
 ※参考:「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」
 (厚生労働省)では、食塩摂取量(食塩相当量)の
 目標は男性 8.0g 未満  女性 7.0g 未満としています。
 (平成26年国民健康・栄養調査結果抜粋)

スクリーンショット 2021-06-08 161248

 

さらにこの結果を更新できるように皆さんも
減塩をはじめてみませんか。

画像4

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。