Doctor`s Fitness 研究所

②【完全栄養食!?】代替え食品として有能なのか?

コロナワクチン接種予約はこちら Doctor's Fitness Studioへ


②【完全栄養食!?】代替え食品として有能なのか?

2021/11/04

当院では、働く世代の方々の食生活がどうしたら良くなるか、改善するかを月に1回色んなバックグラウンドの管理栄養士を交えてミーティングの機会を設けています。今回は、医師や様々な管理栄養士の意見を基に、完全栄養食の利用方法や付き合い方について検討した結果をまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい。

【現実】


まず昨今の食事事情について考えてみました。普段皆さんが食事に対して抱く思いや実際の現状はこのようなところではないでしょうか?

✳︎疲れて帰宅してご飯を作る気になれない
➡︎
調理しないで食事を済ませたい


✳︎好きなものを好きな時に好きなだけ食べている
➡︎
栄養バランスについて考えることがない、

コンビニで好きなものばかり買ってしまう
(中食が多い、出来合いものに頼る)


✳︎幼少期の食わず嫌いが大人になっても習慣化してしまい気づけば食べられない食材がたくさんある
➡︎
偏食でずっと摂れていない栄養素がある

✳︎残業や先方の都合に合わせて仕事をしないといけないので帰宅時間が遅くなる
➡︎
夕食を食べ始める時間が遅い
(夜遅い時間の食事)


✳︎朝はギリギリまで寝ていたい(睡眠>食事)
➡︎
朝食を食べない


✳︎食事はできるだけ安く済ませて自分の趣味にお金を充てたい
➡︎
単価が安く腹持ちのいいものを選ぶ
(菓子パン、ラーメン、インスタント食品等)


✳︎野菜は高いし好きではないからほとんど食べない
➡︎
食物繊維やミネラルの摂取量が少ない

もちろん、みんながみんな上記の全てに当てはまっているとは思っていません。
この中のどれか一つでも当てはまる方はこの先のブログも読み進めていってほしいと思います。

今回は、上記の生活スタイル・食習慣の方の食事を助けてくれる「完全栄養食」を取り入れた際の理想像や懸念点についてご紹介したいと思います。

【理想】


当院の理想としてはできるだけ多くの人に生活習慣や食習慣について考え、意識した生活を送ってほしいと思っています。
それは皆さんの健康のみならず、心疾患、循環器疾患、生活習慣病(心筋梗塞、心不全、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脂質異常症など)の罹患リスクを減らしたいと
考えているからです。皆さんの負担にならずかつ病気のリスクを減らす手段の一つとして「完全栄養食」を活用することを思いつきました。


以下、当院が考える「完全栄養食」を活用したら変化が期待できるのではないかと考えていることです。
あくまでも理想です。

1食でもバランスの良い食事をとってほしい、普段とれない栄養素を補ってほしい、朝食・昼食欠食を防止し、欠食者を減らす、夕食時刻が遅くなった時の夕食の選択肢にしてほしい、カロリー過多もしくは栄養バランスの悪い昼食摂取者の昼食の選択肢の一つになって欲しい、ストックできるからインスタント食品の代替えにして欲しい、塩分の取りすぎを予防したい、などの理想が実現できるのではないかと考えています。

【仮説】


「完全栄養食」は栄養バランスが整っているから働く世代に活用でき、食事に気を使っていない人でもバランスの良い食事をとることができると考えます。
特に働く世代の人は、調理したいと思っていても調理に時間を取れない人も多くいると思います。また調理技術がなかったり、1日の生活の中で調理への優先度が低い人もいるでしょう。そもそも食事に興味がないと人も…そんな人たちの【健康への第一歩】になるのではと考えています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もちろんメリットはたくさんありますが、懸念点があることも事実です。

メリットだけを伝えるのは企業のHPと同じになりますから、ここからは管理栄養士にしかできない「健康的な活用術」について模索した結果を紹介したいと思います。
懸念点は管理栄養士の私たちが実際、実験してみたり、経験豊富な管理栄養士からの意見を参考にして考えた改善策などを用いて対策できればと考えています。

是非、前向きに完全栄養食の利用を考えてみませんか?

【懸念点】


①これひとつで満足できるのか?
➡︎
完全栄養食ブログ7で食べた実際の感想など紹介します!

②1日のうちの1食が同じ味で悲しくないのか?
➡︎完全栄養食ブログ7で食べた実際の感想など紹介します!

③朝食に使うとしたら、何と一緒に摂ったらいいか?
➡︎ベースブレッドでは、
栄養バランスやベースブレッドの性質(口が乾きやすい)からスープと一緒に食べるのは相性が良さそうです。その他、アレンジレシピなどは別のブログで!

 

④減量、代替え食品としていいのか?
➡︎
1食のカロリー数と私の個人の考えではありますが、下記のような感じではないでしょうか。是非参考にしてみて下さい。

⑤カロリーが少ないので他の食品(間食)を食べてしまわないか?
➡︎
あると思いますが、食べるものを気をつければうまく活用できると思います。また別のブログで!

⑥カロリーが足りない分は何かで補うか?
➡︎
その必要はあると思います。

オススメの食べ方はまた後のブログで紹介します。

⑦コストパフォーマンス悪い?
➡︎どちらも一食あたりワンコイン以内で納まりますが、足りない栄養素分のために他の食材を買うと、ワンコインは超えてくるかなと思います。
しかし、それ以上に1日の1/3の栄養素が摂れるのはメリットが大きいのではないかと考えます。

⑧勧める価値はあるが、たどり着くのは栄養を気にする人なのでは?
➡︎
そうならないために、できるだけ多くの人にまずは存在を知ってもらいたいと思い、発信しています。
お昼ご飯を食べ過ぎた時の夕食や、お昼ご飯を菓子パンだけで済ませている人、効率的な生活スタイルを求めている人など、
健康に向けての第一歩として「完全栄養食」の利用をお勧めします。
健康には興味があるが、何から始めたら良いか分からないという人の初めの第一歩としてもオススメします。

健康に向けて生活を変えてみませんか?

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。